GET AWAY TRIKE !

恐竜その他について書き散らかす場末ブログ

鎧竜

美しかったもの

↑Skeletal reconstruction of cf. Pinacosaurus sp. MPC-D 100/1305. Scale bar is 1m. サイカニアといえば、「エウオプロケファルスと違って前肢やわき腹にも鎧が存在する」ということで名前を覚えた方も多いのではないだろうか(筆者もそのクチである)。…

とかげシールド

↑Composite skeletal reconstruction of Sauropelta edwardsorum. Based on AMNH 3032 (holotype; pelvis, pes, distal caudal series, shoulder spike), AMNH 3035 (skull, cervical series, cervical armor), AMNH 3036 (dorsal-sacrum-caudal series, mos…

不運なノドサウルス

↑Skeletal reconstruction of Nodosaurus textilis holotype YPM 1815. Scale bar is 1m. なんだかんだで本業がちょっとした山場だったりして(乗り越えたが)、気が付けばもう4月も下旬である。ロクに更新できていなかったわけだが、とりあえず少しペースを…

砕かれた鎧 後編

↑Skeletal reconstruction of north Laramidian "Pre-Ankylosaurus". Top to bottom, Euoplocephalus tutus (based on CMN 210, AMNH 5337, 5403-5406, 5409, ROM 788, 1930), Dyoplosaurus acutosquameus (based on ROM 784), Scolosaurus cutleri (based o…

砕かれた鎧 前編

↑Skeletal reconstruction of Ankylosaurus magniventris. Based on AMNH 5895 (holotype), AMNH 5214, and BMNH R8001. Scale bar is 1m (for largest skull CMN 8880). 卒論(とそれに関連する発表会やら何やら)を叩き潰して無事に卒業できる身となった筆…

AC -10、あるいはニンジャの・・・・・・全裸!

http://maxillaandmandible.com/wp-content/uploads/2015/05/anklyosarus_skull_half_side.jpg ↑Skull of Euoplocephalus sp. ”Sherman”. About 47cm length. From Maxilla & Mandible, Ltd. さて、先日なんともなしにググっていたら久しぶりに飛び込みのち…

或る鎧竜の死

http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03520/Kunbarrasaurus2_3520733b.jpg ↑Holotype skeleton of Kunbarrasaurus ieversi. From The Telegraph. ミンミといえばオーストラリアを代表する恐竜のひとつであり、その属名の独特の語感とかわいらしいス…

WISの向こう側

↑ナイオブララサウルス・コールイイの模式標本FHSM VP-14855の骨格図。 図示したほかにいくつかの頸椎、胴椎、肋骨も知られている。 皮骨の配列はよく分かっておらず、写真を元に部分的に復元するにとどめた。 スケールは1m。 Niobrarasaurus coleii FHSM V…

美しいもの

↑アンキロサウルス科の未定種 あるいはcf.ピナコサウルスsp. MPC 100/1305の骨格図。 スケールは1m MPC 100/1305, Ankylosauridae indet. or cf. Pinacosaurus sp. Largely modified from Paul, 2010. Scale bar is 1m. しばらく前に大きなニュースになった…

水底より来るもの

↑アレトペルタ・クームジAletopelta coombsiの関節した腸骨と後肢。 腸骨の上に散らばる皮骨に注意。写真はflickrより。 Articulated illia and hindlimbs of Aletopelta coombsi. Osteoderms spattered on illia. Image from flickr. 狙ったわけでもないの…

アンキロサウルスもろもろ

↑アンキロサウルス・マグニヴェントリスAnkylosaurus magniventrisの骨格図 AMNH 5895とAMNH 5214に基づく。 スケールは1m(AMNH 5214に合わせてある) ご存じの方も多いだろうが、ここ数年の再研究によって、70年代に一度統合されたエウオプロケファルス属…

ちょっと危ない話(でもないか)

今回のネタはちょっと危険かもしれない(が別にそうでもないかもしれない)。そもそもこの間の東京国際ミネラルフェアに行かれた方にしか通じない話かもしれないが、ご容赦願いたい。とりあえず何も知らない筆者が書き散らかしているだけなので、いつも以上…

タラルルス

↑タラルルスの復元骨格PIN 557-3(のキャスト)3~6個体分の化石を寄せ集めて復元したものである点に注意 写真はウィキペディアより ブログ開設から5か月以上たってようやく初めての鎧竜の記事である。別に鎧竜が嫌いだとかそういう訳ではなく、単に記事を書…